ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

群馬中央医療生協が「医療生協主体で特別養護老人ホーム建設をすすめる会」発足総会を開催

 昨年9月に前橋市に群馬中央医療生協が申請していた特別養護老人ホーム建設案が選定されたことを受けて社会福祉法人の設立準備などが進められてきましたが、1月14日(土)に建設に向けてすすめる会の発足総会が群馬中央医療生協の生協会館で開催されました。

発足総会であいさつする瀧口理事長

 冒頭あいさつに立った瀧口道生群馬中央医療生協理事長は、「過去2回挑戦してきたが市からの認可はもらえなかった。今回の選定は10年越しの悲願がかなったものでわくわくしている。人員の確保など厳しい面も予測されるがぜひ成功させたい」と決意を語りました。

 発足総会には地元自治会からも参加者があり、高崎市の認定NPO法人じゃんけんぽん理事長井上謙一氏から「安心して暮らすまちづくり」と題して記念講演が行われ、高齢者の現状と地域包括ケアシステムにもとづく実践例が報告されました。

 続いて同生協新井浩之専務理事から建設計画が報告され「医療生協が主体となって運営することを活かし、医療との連携、地域のまちづくりの拠点として特徴ある施設としていきたい」との抱負が述べられると、参加者から職員体制や受け入れ定員、医療との連携はどのように進めるかなどの質問や「建設の意義を周知してほしい」などの意見が活発にかわされました。

▲このページのTOPへ