ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

群馬県消費生活課による2016年度生協視察を実施しました

 群馬県生協連では、行政の生協担当課に生協の様子をよく知っていただくことを趣旨として、生協視察を例年企画しています。

 2016年度は、視察先を高崎経済大学生協、コープぐんま、はるな生協の3生協とし、11月21日(月)に実施しました。県消費生活課から、星野真弓課長にご参加いただきました。

 高崎経済大学生協では佐藤智之専務理事から、通学に使用する自転車の点検活動や食生活相談会、新入生サポートなどの取り組みをしていること、学生生協委員の活動が盛んであることなどを生協概況として説明しました。その後、購買・書籍の売店や食堂の施設見学を行いました。

 続いてコープぐんまのコープ寺尾店(高崎市)を訪れ、針谷勉総合企画室次長から生協の概要についての説明と、関誠彦店長から店舗について説明と店内見学を行いました。水産コーナーで販売する焼き魚用の設備や、農産・水産・畜産・総菜・ベーカリーの売り場などを視察しました。

 はるな生協では、関沼光好専務理事から生協の概要説明があり、高崎中央病院、歯科診療所、在宅福祉総合センターほほえみ、介護センターほほえみの杜、デイサービス施設、病児・病後児保育室のびのびなど、生協本部近くに集積している施設をそれぞれ担当者が案内しました。

 県消費生活課と会員生協との懇談および視察を通して、相互の理解をより深めるよい機会になったものと思います。

▲このページのTOPへ