ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

群馬県生活者懇談会が開催されました

 日本チェーンストア協会が主催する「群馬県生活者懇談会」が7月6日(金)にベイシア文化ホール会議室で開催されました。懇談会には群馬県消費者団体連絡会(中嶋源治会長)から10名、群馬県くらしの会連絡協議会(國峯貎綜q会長)から19名が出席、チェーンストア協会から13社とチェーンストア協会関東支部の27名が出席しました。


群馬県生活者懇談会のようす

 日本チェーンストア協会関東支部事務局長の石井宏和氏の開会挨拶に続き、来賓として出席された群馬県生活文化部消費生活課の貝原日出夫課長から挨拶をいただき、消費者団体を代表して群馬県消団連中嶋源治会長が挨拶を行いました。


石井宏和日本チェーンストア協会関東支部事務局長(左)、来賓出席した群馬県生活文化部消費生活課貝原日出夫課長(中)、中嶋源治群馬県消団連会長(右)が挨拶

 このあとチェーンストア協会の活動について説明を受け、意見交換を行いました。参加者からは、環境問題(レジ袋削減、マイバッグの推進、簡易包装、リサイクル、節電等)、地産地消、表示(外国製の加工品の表示等)、安全・安心(放射能検査、対策等)、その他(PBとNBの住み分け、低価格の追求と品質の確保、パート職員の雇用条件等)など多方面にわたり質問や意見が出され、活発な懇談会となりました。

 この懇談会はチェーンストア協会関東支部の主催で、関東エリアで持ち回り開催しており、今年度が群馬県開催となったものです。

▲このページのTOPへ