ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

群馬県消団連が2012年度総会を開催しました
記念講演で「食品中の放射性物質の新たな基準値について」を聞く

 群馬県消費者団体連絡会(中嶋源治会長)の2012年度総会が5月22日(火)に群馬県勤労福祉センター(前橋市)で開催されました。総会には14団体76名が参加しました。

 中嶋源治会長が冒頭「県が進める消費者施策や食の安全の取り組みなどを、消費者が団結してカバーできるようにしていきたい」と、行政との連携・協働の推進について述べると、来賓の群馬県生活文化部消費生活課の貝原日出夫課長は、「消費者目線に立ったきめ細かな消費者行政をめざしたい」と祝辞を述べました。


貝原消費生活課長

 コープぐんまの栗原利明さんが議長に選出され、八田直樹事務局長が2011年度事業報告・収支決算報告、2012年度事業計画・収支予算、役員選任について提案。瀧澤佳津子監事が監査報告を行ったあと、全議案が一括して承認されました。

 2012年度の役員体制は、会長に中嶋源治氏(群馬県生活協同組合連合会)、副会長に坂本棟男氏(水とみどり、食を守るぐんま県民会議)、宮田よし子氏(前橋市消費者団体連絡会)、上野ひさ氏(群馬県退職女性教職員の会)、監事に平野明男氏(群馬県民主医療機関連合会)、瀧澤佳津子氏(コープぐんま)、事務局長に八田直樹氏(群馬県生活協同組合連合会)、その他事務局次長3名、幹事10名を確認しました。

 コープぐんまの清野紀美子さんが、「東京電力の電気料金値上げに反対します」など、二つの特別決議を読み上げ、拍手で承認されました。

 総会終了後、記念講演として、群馬県食品安全局食品安全課の浅見成志係長を招いて「食品中の放射性物質の新たな基準値について」をテーマにご講演をいただき、参加者の質問にも答えていただきました。

講師の浅見係長

▲このページのTOPへ