ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

食の安全・安心県民ネットワークが
第8回地域語部の会「ちょっと気になるさかなの話」を開催しました

 ぐんま食の安全・安心県民ネットワーク(中嶋源治会長)は群馬県との協働事業として、「第8回地域語部の会」を2011年2月26日(水)に渋川市中央公民館で開催しました。

 今回の語部の会は気軽に意見交換ができるよう、少人数のカフェ形式で開催しました。公募による30名が参加し、意見や質問を出し合いました。

 ぐんま食の安全・安心県民ネットワーク副会長の一場幸雄さん(フレッセイ執行役員・生鮮部長)から、「ちょっと気になるさかなの話」というテーマで話題提供をしていただき、世界の情勢と食料問題、世界の水産物供給、日本の漁業生産、食生活の変化と消費動向、ライフスタイルの変化、さかなの栄養、食のリスク、豊かさの中の日本の食(さかな)事情等をお話しいただいた後、参加者からの質問に答えていただきました。

 参加者からは、「さかなについて細かな情報をしることができた。」、「事業者の立場からさまざまな話しが聞けて良かった。」、「参加しやすいスタイルで意見が出しやすかった。」などの感想が語られました。


5、6人ずつのグループに分かれカフェ形式で開催しました。

話題提供のひとコマ
参加者の質問や疑問・意見にも分かりやすく答えていただきました。

▲このページのTOPへ