ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

群馬県連女性協議会第16回定期総会が開催されました
~学習会や事例交流など学び合いの場づくりと実践をひろげることを確認~
総会アトラクションではマンドリン演奏会を楽しみました

 群馬県生協連女性協議会(林かの子会長)は、6月16日(火)、前橋テルサ「つつじの間」で第16回定期総会を開催しました。総会には会員生協から代議員45人が出席し、2008年度活動報告・決算、2009年度活動方針・予算などの議案を可決しました。

司会の秋山ユミ子運営委員(上)議長の盛林洋子さん(下)と、総会のようす

 冒頭、司会の秋山ユミ子運営委員から議長選出の提案があり、盛林洋子代議員(生活クラブ生協)が選出され議事を進行しました。

 主催者挨拶の後、来賓として出席した県消費生活課落合久美子次長、JAぐんま女性組織協議会齋藤正江会長から祝辞があり、日生協中央地連本間章治事務局長の「お祝いのメッセージ」が紹介されました。来賓祝辞の中で落合久美子次長は、県内の消費者被害の状況に触れ「女性協でも活動を通して地域の『見守り活動』をお願いしたい」とうったえ、消費者庁設置に関連して「消費者目線で地方行政を推進していくために地元市町村に対し(窓口強化などの)声を上げていってほしい」と述べました。齋藤正江会長は、県連女性協議会がJAぐんま女性組織協議会と連携して活動をすすめていることへの敬意と、協同を力に農業分野における女性の社会参加を一層推進したいと述べました。

峰岸通県連会長 林かの子女性協会長 落合久美子群馬県消費生活課次長 齋藤正江JAぐんま女性組織協議会会長
峰岸通県連会長 林かの子女性協会長 落合久美子群馬県消費生活課次長 齋藤正江JAぐんま女性組織協議会会長

 総会では、共同参画について行った生協アンケートの結果報告の紹介と、それを2009年度の課題検討に反映したことが報告されました。回答のあった11生協中9生協が“職員分野における取組みでは前進があった」と答えましたが、組合員活動分野や地域との共同活動のなかでは共同参画が前進したと答えた生協は4生協にとどまりました。男女共同参画の視点を重視した活動を日常の組合員活動として取組むことではまだまだこれからのようで、2099年度は意識改革や気付きにつながる学び合いの場づくりや、事例の発掘や情報発信などに取組むことが確認されました。

アンケート結果が報告されました
 総会の最後に、出身単協の役員改選により今総会を最後に女性協運営員を退任することになった高橋ミネ委員(利根保健生協)と小幡美智委員(ぐんまよつ葉生協)から挨拶がありました。 高橋ミネさん 小幡美智さん
高橋ミネさん 小幡美智さん
 総会終了後のアトラクションで、『マンドリンクラブ ボニータ』(桐生市)の皆さん15名による「マンドリン演奏会」が行われ、参加者は総会の疲れを癒しました。
マンドリン、マンドラ、ギター、ベースで構成された「マンドリンクラブ ボニータ」の演奏会

▲このページのTOPへ