ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

フートピア21がで生産者と消費者の交流会を開催
~こんにゃく掘り、こんにゃく作りやそば打ちを体験しました~

 11月29日(土)、フートピア21(構成団体:JA群馬中央会・県森林連・県漁連・県生協連)の主催で、「食農教育」教室が開催されました。各団体から11家族35名の親子連れなど44名が参加し、甘楽町小幡の高橋宏臣さんの畑で、高橋さんから手ほどきを受けこんにゃく芋の収穫を体験しました。収穫後、地元のふるさと体験施設「甘楽ふるさと館」に移り、こんにゃく芋からこんにゃくを手作りしたり、そば打ちを体験しました。大きなこんにゃく芋をすりおろしたり、凝固剤(水酸化カルシウム)を入れたこんにゃくをかき回す作業は子ども達には重労働でしたが、お母さんも手伝って楽しそうに作っていました。天ぷらの盛り合わせを添えて食べた打ちたてのそばは香りといい歯ざわりといい格別のおいしさでした。参加者した親子は、地元で取れた下仁田ネギをお土産にもらって楽しい一日を過ごしました。

と き
平成20年11月29日(土)9:00~15:00
ところ
甘楽町小幡 こんにゃくいも生産農家 高橋宏臣さんの畑
「かんらふるさと館」(甘楽郡甘楽町大字小幡2014-1)
内 容
(1)こんにゃくいも収穫体験・生産現場見学
(2)生玉からのこんにゃく作り体験
(3)県産そば粉を使ったそば作り体験
主 催
フートピア21(生協連、森林連、漁連、JA中央会)
対 象
県内在住の親子(子どもは小学生以下)
お 昼
自分たちで作ったおそばを食べていただきます。
農家の高橋さんに説明を聞き、初めてのこんにゃく掘り。TBS、GTVの取材も
手作りこんにゃくに子どもたちもチャレンジ
年明けの火曜日22:54~TBS「みどりの風景」で紹介されます(日程未定)
自分で作った手打ちそばは、おいしい天ぷらそばでいただいた

▲このページのTOPへ