ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

群馬県生協連・県くらしの会主催「消費者まつり」が開催されました
~風・雪にもめげ約2,200人が来場。産直品販売など大にぎわい~

 群馬県生協連(本部:前橋市、峰岸通会長)と群馬県くらしの会連絡協議会(本部:高崎市、國峯溌子会長)で構成する「消費者まつり実行委員会」が群馬県の後援を受け、主催した「消費者まつり」が、2008年2月24日、折からの雪まじりの春一番の風の中で開催されました。会場の県庁県民ホール・県民ギャラリー・ビジターセンターには、悪天候をついて、家族連れなど約2,200人の消費者・市民が、電車とバスを乗り継いで来場くださいました。

 会場のマルチビジョンの前では、前橋協立病院の伊東大吾医師による「メタボリック症候群と健康」の講演、医療生協による「転倒予防体操」、骨密度・体脂肪・血圧などの「健康チェックコーナー」や「健康相談」が好評でした。また、コープぐんまのコーナーは、多くの組合員のボランティアに支えられ、「環境・エコ」、「福祉・子育て」、「平和」、「くらしのたすけあいの会」、「利用案内」などを広くお知らせできました。また生協の協賛メーカーによる「地産・地消商品の試食・販売」コーナーは大層にぎわいました。このほか、群馬県くらしの会によるスライドトーク「悪徳商法被害にあわないために」、群馬県食品安全課食育推進グループによる「ゆうまくん劇場」、全労済の保障の見直し・相談コーナーもにぎわいをみせました。

 参加くださった消費者の皆さん、群馬県食品安全課食育推進グループ、消費者団体、生協の組合員・役職員、お取引先など関係者の皆さまのおかげで大成功でした。お礼申しあげます。

にぎわう会場の様子にぎわう会場の様子
にぎわう会場の様子にぎわう会場の様子
にぎわう会場の様子

▲このページのTOPへ