ぐんま 食の安全・安心 県民ネットワーク

2012国際協同組合年公式ホームページ

県生協連ニュース

はるな生協が「子宮筋腫」をホームページで分かりやすく解説
~高崎中央病院HP「子宮筋腫の症状でお悩みの方へ」~

 成人女性の4~5人に1人は持っているといわれる「子宮筋腫」で、手術するかどうかなどで悩まれる方は多いようです。

 群馬県生協連(本部:前橋市、峰岸通会長)の会員の医療生協のはるな生協(本部:高崎市)の高崎中央病院(鈴木隆病院長)のホームページに「子宮筋腫の症状でお悩みの方へ-子宮動脈塞栓術について」というコラムが掲載されています。図入りでとても分かりやすく、こうした症状でお悩みの方、手術するかどうかでお悩みの患者を持つ家族の方にも、手軽にお読みいただける内容ですので紹介します。

 ☆はるな生協のHPはこちら

<はるな生協・高崎中央病院のコラムの概要>

「子宮筋腫の症状でお悩みの方へ-子宮動脈塞栓術について-」

■1.
子宮筋腫はどんな病気?
(前略)症状のある患者さんは、症状を緩和させる内服薬で治療されることが多いです。しかし、内服薬では症状を制御できず、日常生活に支障がある場合には、これまで、ホルモン療法・手術が施行されてきました。そして、最近では子宮動脈塞栓術が施行されるようになってきました。
■2.
子宮動脈塞栓術とは、どんな治療なのでしょうか?
右大腿の付け根にある太い動脈から、細いチューブ(カテーテル)を挿入し、子宮筋腫を栄養する血管を塞いでしまうのです。子宮筋腫に血液が流れなくなると、筋腫は時間をかけて小さくなってきます。そして、9割の方で、子宮筋腫の症状がなくなります。手術とは異なり、お腹に傷は残りません。治療にかかる時間は1時間程度で、入院の期間は最短で2日です。退院後は、すぐに入浴もできます。治療後の社会復帰に要する期間は、個人差もありますが治療後一週間程度で済みます。
■3.
子宮動脈塞栓療法の実際
■4.
副作用について
■5.
子宮動脈塞栓術が受けられる条件について(健康保険が効かず実費約27.3万円)
■6.
治療のスケジュール(初心から手術まで。入院2日)

   ☆はるな生協高崎中央病院放射線科のHPの詳細記事はこちら

※医療生協は県内に、はるな生協のほかに利根保健生協、北毛保健生協、群馬中央医療生協などがあります。

群馬県内の医療生協はこちら

▲このページのTOPへ