「親子で学ぼう!夏休み食品表示親子セミナー」を開催しました

 群馬県食品・生活衛生課とぐんま食の安全・安心県民ネットワーク(代表:中嶋源治県連顧問)は、8月5日(金)に「夏休み食品表示親子セミナー」を協働事業として開催しました。この企画は昨年実施して好評だったもので、今回も県民ネットワークのメンバーであるベイシアさんの協力で開催しました。

 会場となったベイシア伊勢崎西部モール店には7組17名の親子が参加し、食品表示の基礎研修を受けた後、バックヤードの見学を行い売場に出て食品表示の点検を行いました。質問には伊勢崎西部モール店佐藤勇気店長からその場で回答を受け理解が深まりました。バックヤードや農産物の作業室など普段は見ることのできない見学ができました。

▲このページのTOPへ