県と協働して第12回「食の現場探究隊」を開催しました

 ぐんま食の安全・安心県民ネットワーク(中嶋源治会長)は群馬県と協働して、食品関連事業者を見学する「食の現場探究隊」を開催しました。今回は11月21日(金)に実施し公募で申し込みのあった県民が参加し、有限会社プレマ(前橋市)と新田みどり農場笠懸野菜集出荷所(みどり市)、及び聖酒造株式会社(渋川市)を訪問しました。(有)プレマはJAS法による有機認証を取得し、小松菜を栽培してコープデリやスーパーなどに広く出荷していますが、徹底した栽培管理や土づくりで育てた小松菜の生産・加工の現場を見てきました。JA新田みどりでは県内の野菜生産基地のひとつとして、新しい栽培管理システムを活用して新鮮で安全に配慮した農産物の栽培を行っている様子などを見学しました。

(有)プレマの生産・加工現場を視察しました。(前橋市)

JA新田みどりの笠懸野菜集出荷場を見学しました。(みどり市)

聖酒造株式会社を見学しました。(渋川市)

▲このページのTOPへ