第4回食の現場探求隊を開催し、東京検疫所・築地市場を視察しました
~輸入食品の安全性確保の取組みを探求~

 2009年9月18日(金)、ぐんま食の安全・安心県民ネットワーク(会長 峰岸通)では群馬県との協働事業による「第4回食の現場探求隊(バスツアー)」を開催しました。

 このバスツアーは、消費者が食品の安全確保の取組みを知り、日頃、不安に思っていることなどを意見交換し、安心を実感していてだくための取組みです。

 第4回食の現場探求隊は38名が参加し、築地市場、東京検疫所を見学しました。

 築地市場では、県民ネットワーク副会長一場幸雄氏(株式会社フレッセイ)と仲卸の千代田水産株式会社副部長山形敏夫氏から、築地市場の歴史や現在の市場概要について説明を受け、市場見学を行いました。

>築地市場の歴史や現在の市場概要について説明会をお聞きしました 一場幸雄県民ネットワーク副会長(右)と山形敏夫千代田水産副部長(左)から築地市場について説明を聞きました
築地市場の歴史や現在の市場概要について説明会をお聞きしました 一場幸雄県民ネットワーク副会長(右)と山形敏夫千代田水産副部長(左)から築地市場について説明を聞きました

 築地市場は東京都の中央卸売市場の一つで、水産物、青果物を取り扱っています。水産物については世界最大級の規模を誇っています。見学の後、場内市場と場外市場で各自昼食をとりました。

築地市場の場内を見学しました 築地市場の場内を見学しました
築地市場の場内を見学しました

 午後は、東京検疫所の見学を行いました。東京検疫所は厚生労働省の機関の一つであり、輸入食品の監視指導や輸入届出審査などを行っています。全国一、輸入届出件数の多い検疫所です。監視業務や検査業務を行っている職員から、東京検疫所の検査業務や、輸入食品監視業務について説明を受け、質疑と意見交換を行いました。

検疫所の業務について説明を受け質疑と意見交換を行いました 検疫所の業務について説明を受け質疑と意見交換を行いました
検疫所の業務について説明を受け質疑と意見交換を行いました

 参加したみなさんは、築地市場の規模や歴史を知り、また場内の活気に触れ有意義な体験ができたことと思います。また、東京検疫所の業務の内容を知り、輸入食品の監視指導などの安全確保の取組みの理解ができたと感想をいただきました。

▲このページのTOPへ