ぐんま食の安全・安心県民ネットワーク第3回総会を開催しました

 ぐんま食の安全・安心県民ネットワーク(本部:前橋市)は、5月28日(木)に群馬県庁昭和庁舎で第3回総会を開催しました。総会には、群馬県から長井章食品安全局長、菊地文夫食品安全課長をはじめ5名の職員に来賓としてご出席いただきました。県民ネットワークからは11名が出席しました。

 議長に栗原利明事務局次長(県消団連)を選出し、冒頭、峰岸通会長から「群馬県との協働事業をすすめ、輪を広げていきたい」と挨拶がありました。来賓としてご出席いただいた群馬県健康福祉部食品安全局長井章局長から「県民ネットワークとの協働をすすめ、消費者とのコミュニケーションを深め、広げる役割に期待している」とご挨拶をいただきました。

 はじめに八田事務局長が、平成20年度事業報告、収支決算報告、平成21年度事業計画案、収支予算案、平成21年度役員案について一括して提案を行い、続いて斉藤尚登監事(JA群馬中央会)から監査報告が行われました。その後審議となり全議案が提案通り承認されました。平成21年度役員から、会長に峰岸通氏(ぐんま食の安全消費者連絡会議:群馬県生協連)、副会長に一場幸雄氏(株式会社フレッセイ)と松村久子氏(農村生活アドバイザー)、監事に楢原俊彦氏(JA群馬中央会)を選任しました。

 今年度は、群馬県との協働事業として①地域語部の会(2回)、②食の現場探求隊(2回)、③県民運動の標語募集、④啓発資材の作成等に取組むことを確認しました。

 最後に関連報告として、群馬県食品安全課から平成21年度の食品安全課業務の概要について説明があり、また斉藤尚登監事から県農協中央会の取組みについて案内がありました。 

峰岸通ネットワーク会長 長井章群馬県食品安全局長
峰岸通ネットワーク会長 長井章群馬県食品安全局長
総会の様子
総会の様子

 » 平成21年度事業計画(PDF:86KB)
 » 役員名簿(PDF:46KB)

▲このページのTOPへ